論文リスト(2016年)

2016

  • Masaki Omata, Gen Kitagata, Takuo Suganuma: “Experimental Verification of the Relationship between Biological Signals and the Subjective Interest,” 東北大学電気通信研究所平成27年度共同プロジェクト研究発表会, ポスター発表, 東北大学電気通信研究所本館, 2016年2月25日.
  • 日永龍彦,佐藤眞久,滝口晴生,小俣昌樹,仲本康一郎,吉川雅修,宮原大樹,奥原利昌: “大学間連携事業に基づく学力保障のための取り組み事例-文科省共同教育推進事業山梨大学成果発表-,” 大学eラーニング協議会「総会・フォーラム2015」ポスターセッション発表予稿集, pp.46-49, 2016年3月17日.
  • 佐藤眞久, 滝口晴生, 小俣昌樹, 仲本康一郎, 吉川雅修, 宮原大樹, 日永龍彦: 入学時プレイスメントテスト結果の分析と初年次教育の取り組み, リメディアル教育研究第11巻1号, pp.50-58, 2016年3月31日.
  • 小俣 昌樹: Maharaの研究日誌利用に関する報告と一考察――学生によるPDCAサイクルの取り組み――, Mahara Open Forum in Kofu (MOF2016), ポスターセッション, 2016年9月7日.
  • 村松大, 小俣昌樹:拡張現実感パーティクルの重畳が香りの主観的評価や呼吸運動に与える影響, FIT2016(第15 回情報科学技術フォーラム), Vol.3, pp.29-32, 2016年9月9日.
  • 大出真也, 小俣昌樹:タスクパフォーマンスと生理的ストレス反応および性格特性との関係の調査, FIT2016(第15 回情報科学技術フォーラム), Vol.3, pp.273-276, 2016年9月9日.
  • Masaki Omata, Shogo Tanabe, A Regression Equation to Estimate the Degree of Understanding in a Reading using Physiological Indexes, Proceedings of the 28th Australian Conference on Human-Computer Interaction (OzCHI 2016), November 29 – December 2, 2016.
  • 金子 大輔, 石田 雪也, 小俣 昌樹, 吉川 雅修, 古賀 崇朗,”大学の初年次学生を対象とした情報に関する基礎知識調査の開発と調査結果の分析,” 日本教育工学会論文誌, 40巻, pp.201‐204, 2016.