論文リスト(1997年)

1997年
  • 今宮淳美, 孟キ, 増田尚則, 茅暁陽:
    “GUIからインフォ>ーションビジュアリゼーションへ,”
    関東AVSユーザー会/InfoVizシンポジウム予稿集, pp.29-34. 1997年3月.
  • H. Yamada, F. Fukumoto and A. Imamiya:
    “6q Reference Analysis of Deictic Expressions to Visual Objects,”
    September 1997, Proc. RANLP97, Bulgaria, pp.300-305.
  • 茅暁陽, 喜久川誠, 藤田昇, 今宮淳美:
    “LIC法による3次元任意面上の流れの可視化,”
    計算工学講演会論文集 Vol.2, No.2, pp.483-486, 1997.
  • 藤田昇, 茅暁陽, 今宮淳美:
    “CGマーブリングの基礎的検討,”
    情報処理学会 第87回 グラフィックスとCAD研究会, pp.19-23, 1997.
  • 喜久川 誠, 茅暁陽, 今宮淳美:
    “グラフィックス・アクセラレータを利用した3次元LIC法の高速化,”
    情報処理学会 第87回 グラフィックスとCAD研究会, pp.43-47, 1997.
  • 茅暁陽:
    “Khoros – 画像処理ソフトウェアパッケージ”
    bit別冊 インターネット時代の数学, pp.246-253, 1997.
  • C. Zhou and A. Imamiya:
    “Object-based Nonlinear Undo model,”
    Aug. 1997 Proc.IEEE COMPSAC97.Washington DC USA, pp.50-55.
  • C. Zhou and A. Imamiya:
    “Object-Based Linear Undo Model,”
    July 1997, INERACT97IFIP, Sydney, Australia, pp.252-259.
  • C. Zhou and A. Imamiya:
    “Object-based Undo model,”
    June 1997, 4th Eurographics Workshop on Design,Specification, and Verification of interactive system, Granada Spain, pp.361-375.
  • X. Mao, N. Fujita, M. Kikukawa, A. Imamiya:
    “Line Integral Convolution for Arbitrary 3D Surface through Solid Texturing,”
    April 1997, Proceedingd of 8th Eurographics Workshop on Visualization in Scientific computating, France, pp.67-76.
  • A. Imamiya and D. Zhang:
    “Geometric Model and Visualization of Breaking Waves,”
    April 1997, in Visualization and Modeling Earnshaw,ed), Academic Press, pp.359-371.
  • 坂本忠明, 今宮淳美:
    “三次元図形マッチングタスクにおけるダイヤル回転操作の分析,”
    ヒューマンインタフェース研究論文集, Vol.6, No.1, 1997, 計測自動制御学会, pp.29ー38.
  • 秋山直人, 池戸孝, 小俣昌樹, 船戸康徳, 坂本忠明, 今宮淳美:
    “学習プロセスを考慮したWeb上のCG学習支援システムの試作と改善,”
    情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会, 85ー5, pp.25ー30.
  • 孟キ, 茅暁陽, 今宮淳美:
    “Visualization of Selective Undo/Redo History,”
    情報処理学会, ヒューマンインタフェース研究会, 71ー3, pp.15ー22.
This entry was posted in 1997年.